出会い系サイトって出会えるのか?その実態を調査

出会い系サイトと言うと、何かいかがわしい響きに聞こえてしまいます。
出会い系サイトが出現してから20年前後になるでしょうか、出始めの頃は悪徳業者の巣窟のような様相を呈していて、ぼられたり騙されたり脅迫されたりと、被害者が続出しました。
画期的な制度や革命的なモノが登場すると、ニセモノやパクリもまた共に登場して、世の中を惑わせてしまいます。
法の規制や人々の真贋を見極める目が発達することによって、優良なモノが残っていくのは世の常だろうと思われます。
しかし、出会い系サイトの黎明期において、早くも騙されてしまった人や、その悪いうわさを信じてしまった人が意外に多かったため、いまだに出会い系サイトと聞くと、何やら胡散臭いモノという固定観念が、払拭できないでいるというのが現状です。
しかし、法規制がその効果を発揮しだして、またネット社会の発達により、瞬時にして悪い情報が広がることで、悪徳業者が生き残ることは困難になってきています。
万が一、被害に合った人がいたら、臆することなく口コミや体験談をネットに投稿して、悪徳業者撲滅に一役買うことをお勧めします。

昨今では、ソーシャルアプリが主流のように取られる節もありますが、やはり出会い系サイトが王道です。
流行り廃りを繰り返してきても、最後まで残ってきたのが出会い系サイトなのです。
誰でも優良サイトに出会わなければ、その後の出会いはありません。
時間と金の浪費だけで何の得もないからです。
それではどんなサイトが優良なのか考えてみます。
迷惑メールが来ないこと
優良出会い系サイトの場合でも、メールはやってきますが、1日5通ぐらいまではいいとして、何十通ともなれば悪徳業者という判断をします。
メールでの判断基準は、登録してから2・3日様子を見てみましょう。
プロフィールもないのにメールが来たら、それは悪徳業者の印です。
セキュリティは万全ですか
Aだけに登録したのに、Aの範囲を超えたようなメールがきだした場合、個人情報が売られている場合があります。
悪徳業者は個人情報を初めから売る目的で、登録させます。
イメージキャラクターとして、芸能人を宣伝に使っているサイトは優良です
芸能人をイメージキャラクターとして使用するには、高額な宣伝費がかかります。
また、悪質なサイトの宣伝にわざわざイメージキャラクターになる芸能人もいません。
広告としてではなく、メディアに記事として取り上げられたサイトは信用できます
メディアも記事として紹介するには、かなりの調査をします。
その結果、記事として取り上げたものは、メディアとしての責任があります。
料金表が分かりやすいかどうか
料金表の掲載不備は悪徳業者です。
誰にでも分かりやすい表示がなければいけません。
誤解が発生するような記載も規制の対象になっていますから、よく調査をしてみましょう。
利用者数はどうなっていますか
ある程度利用者数が多いサイトは、警察の目を気にします。
トラブルがあると利用者数が多いほど、サイトのダメージも大きいので、逆に優良にならざるを得なくなります。
利用者数の多いことは、出会い系サイトを利用しようとする時の判断材料にはなります。
サイトの運営歴が10年以上ありますか
今、「起業」という言葉が流行っていますが、10年持ち堪えている起業は3パーセントだと言われています。
テレビのCMに登場していた企業でさえ、どこかに消えてしまっていたというような時代なのです。
出会い系サイトの業界で、10年以上の運営が可能だったという実績は評価に値します。

次に悪徳業者の手口を調査してみましょう。
利用者にとっても、優良出会い系サイトにとっても、悪徳業者の存在は迷惑至極なことです。
害虫のように消毒したと思っても、葉っぱの裏に隠れたり、死んだ振りをしたりしながら、しっかり生き延びています。
その実態を見てみます。
成りすましには気をつけましょう
芸能人やそのマネージャーからメールが来て、「相談に乗ってください」的な内容のものが届くのです。
真剣に相談に乗ってやったら、後から多額の請求が来たというニュースがありました。
「芸能人が出会い系サイトを利用している」というありえない設定に騙される人もいるのです。
架空請求が来たらどうしますか
出会い系サイトを利用していて、身に覚えのない請求が来ることもあります。
一万円ぐらいだと面倒くさいから、払ってしまう人も多いことでしょう。
しかし、その程度で済まないこともあります。
高額な請求などは、そのままにしておいても大丈夫です。
脅迫めいたメールなどが来たら、これはもう警察の管轄ですから、早速連絡しましょう。
一旦、無料サイトに登録させて、他のサイトへと誘導していく方法
入り口は無料を謳っておきながら、有料サイトへと誘導する流れです。
この方法も打たれ強く生き延びていますから、気をつけましょう。
クリック詐欺はまだ存在しています
ひところ、流行った方法ですが、次々促されてクリックしていくと、突然妙な画面に変わり画面自体がフリーズしてしまうものや、「登録が完成しました」と言って、金の振込みを催促するものなど、色々ありました。
最近はセキュリティソフトの発達により、影を潜めたように感じますが、まだまだ存在します。
同時登録の手口
出会い系サイトに登録したら、同時に他のサイトにも登録されていたというものです。
事前の了承を得ないで登録されたものについては、利用者には支払いの義務は存在しませんから、請求が来ても完全無視で行ってください。
下手に応じてしまうと「支払う気があり」と判断されてしまいます。
完全無視が決め手ですから応じてはいけません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ